■体験談

前のページに戻る

大学生・新卒 ベルビューカレッジコース コース詳細

就活中の面接では、海外インターンについてよく質問を受けました

留学期間:2009年4月〜2010年3月(BC40期)
留学先:IBPプログラム・ベルビューカレッジコース
インターン先:Green Tortoise Seattle(ユースホステル)

1988年生まれ、神奈川県出身。立教大学(観光学専攻)在学中にIBPベルビューカレッジへ留学。インターンシップ先はホテルで、接客業に従事した。帰国後は大学に復学し、三井住友海上火災保険株式会社の内定を獲得。

立教大学(観光学専攻)を休学 ホテルでインターン 大学に復学 三井住友海上火災保険に内定

最高の1年間でした!

Advertisingで最終プレゼンをしたグループメンバーと

thanksgivingdayは友達のホストファミリーとお祝いしました

インターン先の愉快なスタッフたちと。本当に楽しくインターンを経験することができました

IBP40期生の誕生日party。みんな仲良しで大好きな仲間たちです

IBP40期生のgraduation ceremony

Q:留学の動機を教えて下さい。

A:大学1年時の夏休みに1カ月間バンクーバーでの短期留学を経験した後、もっと長く留学したいと思ったからです。旅行や観光系の仕事に携わりたいと考えていたので、英語力を習得したかったのと、外国からみた日本を知りたいと思ったからです。留学は大学3年修了時から1年間しました。

Q:なぜこのプログラムを選択したのでしょう?

A:大学留学だけでなく、現地でインターンを経験できるという点に魅力を感じたためです。「自分の学びたい分野が選択できる」とスタッフの方に勧められ、ベルビューカレッジにしました。

Q:日本の大学とはどんな違いがありましたか?

A:とにかく宿題が多く、毎日出されるのでこなすのが大変でした。日本の大学のような講義というより、学生が積極的に発言したり、プレゼンテーションが頻繁にある授業が多く、自主的に授業に臨むことができました。

Q:特に印象に残っている授業について、教えてください。

A:秋学期に取った「interpersonal communication」です。日本人は自分だけで、アジア人が数人、あとは全員native speakerというクラスでした。毎回グループに分けられてディスカッションをしたり、プレゼンテーションをしました。はじめは緊張してなかなか発言できませんでしたが、次第に友達ができ、グループプレゼンテーションで自分のパートを発表し終えた時に、メンバーが「great,Kana!!」と言ってくれて、とても嬉しかったのを覚えています。

Q:勉強以外に熱中していたことはありますか?

A:1年間という限られた時間でしたので、現地の友人や同じプログラムの友人とたくさん遊ぶようにしていました。だからこそ、勉強と遊びのメリハリがつけられたと思います。最終クオーターのインターン中は、インターンがない日でもインターン先に行ってスタッフと話すのがとても楽しかったです。

Q:どんなインターンを経験したのですか。

A:Green Tortoise Seattleというユースホステルでインターンをしました。私の仕事は主にフロント業務で、宿泊客のチェックイン、チェックアウト、宿泊客にホステルの施設や使用方法を説明したり、電話対応や予約受付などをしていました。

Q:インターン体験によって得たものは何ですか?

A:働いているスタッフとのコミュニケーションから英語を学べたことや、さまざまな国から訪れるゲストと交流が持てたことです。彼らから日本の印象を聞くこともできました。

Q:IBP体験によって、価値観の変化などはありましたか?

A:日本とアメリカの文化の違いを知ったことがとても大きかったです。アメリカでは日本のように誰かが手助けをしてくれるのではなく、自ら進んでいろんなことをやらなければならないので、自分自身で動くようになりました。オープンでフレンドリーな雰囲気がとても自分に合ってるなと感じ、外国人と話すことにも抵抗がなくなりました。

Q:ICCのサポートについて、感想をお聞かせください。

A:留学前に何度も恵比寿のオフィスに足を運んで話を伺い、その度に詳しく親切に答えていただいたので、不安なく留学を迎えることができました。留学中も何か問題があると、現地スタッフの方が親身に話を聞いてくださり、安心して留学生活を送れたことに感謝しています。

Q:すでに内定が決まったそうですが、内定獲得に至るまでに苦労した点は?

A:3月上旬に帰国したため、企業の説明会やセミナーにあまり参加できなかったことと、帰国してから就職活動を始めたため、毎日毎日膨大な量のエントリーシートを書くのが大変でした。

Q:面接などで、留学に関して質問されましたか?

A:就職活動の面接では学生時代に頑張ったことを聞かれることが多いので、インターン経験を話していました。海外でインターンを経験した学生はなかなかいないので、面接官の方が興味を持って下さったので話しやすかったです。「留学経験を通して自分がどのように成長できたか」という質問が多かったです。

Q:今後の展望や将来の夢を教えてください。

A:来年の春から社会人として働き始めますが、英語力を活かせる仕事を任せていただける可能性もあるので、頑張りたいです。また、留学経験を通して、アメリカの自由な雰囲気がとても自分に合っていると感じたので、将来はアメリカで生活したいと思います。

Q:IBP参加希望者へのメッセージ、アドバイスをお願いします。

A:ベルビューカレッジでは、TOEFLにパスしたら、セカンドクオーターから希望する授業が取れるので、どんなことを学びたいか事前に考えておくのがよいと思います。また、インターンはさまざまな職種があるので、どんなものが自分にあっているのかも考えておくといいと思います。
はじめは言葉の壁や文化の違いにとまどうことも多々ありますが、1年間という長い期間を通して必ず得られるものはあると思います。私はIBPに参加できて本当によかったと思います。最高の1年間でした。