実働型副業として定番の職種~深夜コンビニ・派遣・キャバクラ・Uber Eatsの特徴

【実働型副業】アルバイト

アルバイトの人たち

アルバイトは実働型で給与収入を得るシンプルかつ定番の副業です。
深夜コンビニ・派遣・キャバクラ・Uber Eatsなどが、シフトの自由が利く仕事が人気です。
アルバイトの特徴は、確実に副収入を得られる一方で時間が拘束されて体力面の負担が大きいことです。

 

 

アルバイトで副業する人の代表事例
  • 働き方改革で残業時間が減って収入減に悩んでいる
  • 高校や大学に通う子供がいるなど、副業しないと生活するのが困難な状況(出費が多い)
  • 元々低収入だけど拘束時間が少ない仕事に就いている
  • ギャンブル依存症など、働いていないと浪費を繰り返してしまう
  • 休日やアフター5にやることがない

 

 

定番職種の特徴

副業でアルバイトをする場合、シフトの自由が利くこと体力面と精神面の負担が少ないものを選ぶと無難です。
学生のアルバイトは引っ越し業者や飲食店など、キツいけどしっかり稼げて学生でも採用されやすい職種が人気です。
副業では社会人でも働きやすい環境が求められます。副業の定番職種の特徴をまとめました。

 

深夜コンビニ

深夜コンビニは時給が良くて業務内容が非常に楽です。
社員と一緒に働くことも少ないので、本業でそれなりの地位や責任を与えられている中で、副業中に怒られることが少ない気楽さが人気の要因です。
主に休日を利用した副業になるので生活リズムの変化がネックになります。
バイト明けはゆっくり体を休めて、次の本業出勤に向けて体調を整えられる方におすすめです。

 

派遣

アルバイトとして直接雇用されると最低でも週に1回は勤務するように指示されるなど制約が大きいです。
派遣であれば、一度登録すれば空いた時間に自分のペースで働けます。
暇な時期はアクティブに働いて繁忙期は数ヶ月単位で休むこともできるので副業との相性が良いです。
配膳系、イベント系、警備系などの派遣が副業で人気です。

 

毎回職場が変わったり、いやなことがあれば派遣先を変えてもらうことも簡単にできるので、人間関係が面倒ではない理由で派遣を選ぶ方もいます。

 

キャバクラ

若い女性に限定されますが、短時間でガッツリ稼げる仕事です。
時給単価は昼の仕事よりも高く歩合給もあるので、副業なのに本業の収入を超えるケースも珍しくありません。

 

愛想良く振る舞う必要があり、仕事中のストレスはありますが、容姿が良ければスキルが必要ない点も人気の要因です。
女性は事務員など短時間勤務で低収入の仕事が多いことも、ナイトワークの副業を選ぶ需要が高い要因です。
キャバクラは世間体が悪いため、本業でキャバクラ一本で働くのは抵抗あるけど、副業だったら周囲に隠せることを理由にして働く方が多いです。

 

Uber Eats

Uber Eatsは従来はデリバリーをしていなかった飲食店を外部のデリバリー専門業者を利用して宅配注文できるサービスです。
週刊誌のSPAで「稼げる副業ランキング1位」として紹介されるなど、今もっとも注目されている副業です。

 

Uber Eatsの副業はアルバイトではなく配達員に登録して歩合制で仕事をする流れになります。
アプリで配達員登録をして、恵比寿にある拠点に配達バックの受け取りと説明を聞きにいけば、その後は空いた時間に仕事を受け取る流れになるので副業との相性が抜群です。
私服で働くことができ、拠点に出勤する必要もありません。

 

対応できる地域が限定されていることや、配達で使う自転車やバイクを自前で用意する必要がありますが、慣れれば自分のペースでストレスなく働くことができます。