副業の種類を知って興味がある仕事や投資を見つけよう!

副業の種類(実働型・投資型)

副業の種類

副業の種類は大きく以下の2種類に分類されます。

 

  • 実働型 ・・・ アルバイト、派遣、個人事業など
  • 投資型 ・・・ 株、FX、不動産投資、仮想通貨など

 

いずれも昔からある副業ですが、昨今はインターネットを中心にそれぞれで副業方法の選択肢が広がっています。
実働型は時給ではなく歩合制の仕事や、マッチングサービスを利用して自分の強みを活かす仕事などがあります。
投資型は市場規模を急成長させた仮想通貨をはじめ、ソーシャルレンディング、AIを使った自動運用投資など少ない手間でできる投資が人気を高めています。

 

「副業 = 疲れる」
「投資 = 損失リスクがある」

 

このようなイメージを抱いて副業を懸念している方もいますが、多様化された副業の種類を理解すれば興味がある仕事や投資が見つかるかもしれません。

 

 

実働型の種類

実働型は主に以下の3種類があります。

 

時給・日給などの収入保証があるもの
代表事例 アルバイト、派遣など
向いている人 確実に副収入を得たい

 

歩合の要素が強いもの
代表事例 キャバクラ、配達系、営業代行など
向いている人 能力を活かしてしっかり稼ぎたい人や自分のペースで働きたい人

 

損失リスクがあるもの
代表事例 事業系
向いている人 しっかり稼ぎたい人、趣味を仕事にしたい人、起業願望がある人

 

主な目的は副収入を得ることですが、副業する理由はお金メインではなく気分転換時間を潰す将来のキャリアアップで副業する方もいます。
副業をする理由や将来のビジョン、必要なお金など考えや状況を整理してから副業の種類を選定しましょう。

 

 

投資型の種類

投資型の副業は時間軸とリスクの大きさで分類されます。

 

時間軸で変わる特性

 

長期
期間 6ヶ月以上(最長数十年)
特徴 比較的ローリスク

 

中期
期間 1ヶ月以上6ヶ月未満
特徴 投資商品や手法によってリスクが変化

 

短期
期間 2日以上1ヶ月未満
特徴 ハイリスクだが儲かるノウハウがあれば複利でガンガン稼げる

 

超短期
期間 数秒から1日以内
特徴 短期投資の特性を強めている

 

投資の2種類の利益

 

キャピタルゲイン(売却益)

主な事例:株、FX、仮想通貨の価格変動を利用して、買値よりも高く売る(空売りして安く買い戻す)

 

インカムゲイン(運用益)

主な事例:株の配当、不動産投資の家賃収入、ソーシャルレンディングや投資信託の分配金など

 

 

投資のイメージ

キャピタルゲインを狙う投資の場合、基本的には時間軸が短いほど、ハイリスク・ハイリターンの投資法になります。
短期投資は複利効果で大きな利益を上げるチャンスがありますが、累計収支がプラス域になる個人投資家は全体の数%だと言われています。

 

短期投資が難しい理由は、メンタルの問題です。利益確定や損切りをする機会が多いほど、メンタルが乱れて期待値やセオリーを無視した投資をする事例が多く見られます。
投資は本を数冊読むだけで儲かるノウハウを簡単に身につけられますが、それを短期投資で長期的に実践できる人はごく一部です。

 

長期投資やインカムゲインを狙った投資法はメンタルの影響を受けにくいので副業投資との相性が良く、損失を出す人の比率が少ないです。
不動産投資やソーシャルレンディングなど一部の優良業者では1人も損をさせたことがない運用実績を持っているケースがあります。
手堅い投資法はリターンが少なかったり、多額の投資費用や手間がかかるなど何かしらの欠点を持っています。